Logicool G600 使い込んでみた

 G600を買ってからしばらく経った
使い込んでみた感想をば



g6007.jpg 

G600といえばよくも悪くもこの形だ


サイド12ボタンに目が行きがちだが第三メインボタン(Gシフト)を搭載したことによる

おそらくどのマウスにも似ないユニークなデザイン

ゲーマー向けマウスなら大概がエルゴノミクス(人間工学)デザイン
手にすっぽりと収まるようにスマートなデザインなものがほとんど
ライバル機種のRazerNagaだって握りやすそうな感じにくびれてる

幅広さを許容できなければ
G600は使えない

g6008.jpg 

幅の広さなら同じロジクールのG9xも幅広

交換式のグリップにわざわざ「幅広グリップ」なるものがあったくらいだ
実は昔使ってた、AIONサービス開始したときはこのマウスだったかな
箱から取り出して比べてみた

若干G9xのほうが広かった(笑)






形状も似ている、G9xの後継機種なのではないかと思えるくらいだが
掴み心地は全然違う
なんでかっつーと、G600には第三メインボタンがあるんですよ




長いスリットの右側にある指置きに見える部分
ここがロジクールの提唱する
Gシフト(第三メインボタン)なんです


薬指をこの位置に置くことになるのだけど
当然力を入れるとクリックしてしまうし
マウスを取りまわす際のひっかりになるほどの深さもない

必然的にマウスを取りまわすときは
親指と小指でマウスを挟んで
マウスを動かすになる





ほとんどのマウスは親指と薬指で挟み込んで取り回すように作られてる
G600よりも幅広なG9xも例にもれない
G600で他のマウスと同じように薬指をマウスの右サイドにひっかけようとすると
中指と薬指の間がつりそうになる

この幅が広く、そして重いG600を
左側は12サイドボタンを押さぬように親指で支え
右側は小指一本ひっかけて持ち上げねばならないわけです、はい

これだけ読むと「どんだけ持ちにくいマウスなんだよ」って思うかもしれないが
しばらく使い込んでみてわかったことがある


左サイドの12ボタンは
その上に親指を乗せてそのまま掴んで
持ち上げても誤爆しない
だけの硬さがある

右サイドの小指が触れる部分には
ハニカム模様の凹凸のあるラバー(手触りのいいサラサラな感じの)が滑り止めとして装備されてる




最初はコツがわからず「持ち上げるの無理じゃね?」とか思ってたけど
わかってくると親指と小指で難なく持ち上げることが出来るようになった
ロジークールもちゃんと考えて作りこんであるようだ

無造作に力をいれてマウスを支えていた薬指がメインボタンの上に添えられている状態なので
こちらの誤爆はまだ頻繁に起きる。
PVPに熱が入り始めるとついうっかり力を入れてしまい意図しない操作をしてしまうことがある


G600の購入を考えている人は
まず、自分のマウスの持ち方を見つめなおす覚悟が必要になる



まぁ最初は面食らったけど、わりとなんとかなりそうだって感じてることは記しておく
ビビらせすぎてもよくないしな(笑)












G700である

g6006.jpg 

このマウスからの乗り換えです
やっぱりいいマウスだ(壊れやすい重すぎる電池切れ早すぎな事以外は)
最強のマウスだって思ってたりするので、まだここ一番って時には持ち替えて使ってたりする

こんな感じで使ってましたよって事です
チルトにまで割り当てが入ってます
RazerNaga導入に踏み切れなかったのはチルト機構がなかったから


サイド、トップボタン7個

消耗品のバインドが多いです

Ctrl+Altはキーボードじゃ絶対押せないからっていう理由
Ctrl単品はCapslockにCtrlを移して1~6くらいまでは押せる
Alt単品は1~4まで5はちょっと厳しいので使用頻度の低いスキルってな感じ
まぁキーボードでも使えるのでマウスには入れてないです
昔はサイドボタン2個のマウスにそれぞれCtrlとAltをバインドしてたんだけど
マウス便りになってしまうのがいやで工夫しながら矯正した


「職固有」てのは使う職によって変えてるボタン
ボウならフォーカスイヴェージョン、スピなら精霊の攻撃、キュアなら自分自身をターゲット
こんな感じ、指置きから親指を跳ね上げる感じで即座に押せるのがよかった


なんでまたG700の設定を見せたかって言うと
G600になってせっかくボタン多いのだから

ガチで1~12の普通のショートカット押したろかって迷ってたんですよ







どうなったかっていうと・・・



g6005.jpg 


今更矯正する気力ないので挑戦すらしませんでしたwww
すみませんでした、はいwwwww

ウチのキーボードはテンキーレスなんで必然的にNumキーでバインド

増えた6個分のボタン(Num1~Num6)は
サインターゲットorPTメンバーターゲットにしてある

ボウ、スピならサインターゲット
キュアならPTメンバーターゲット




第三メインボタンを押しながら押すと逆の操作になるように設定した
ボウなら「第三メインボタン(Ctrl+Alt)+Num6」でPTメンバー1をターゲットてな具合
ボウスピでPTメンバーをターゲットする用事なんてほとんどないんだが(笑)

キュアだとPTメンバーターゲットをキーバインドしたいし、サインターゲットだって使いたい
ぶっちゃけサイド12ボタンマウスに憧れてたのは
キュアのターゲット関連の操作を解決したいからだった


ちなみに


キーボードのCtrlなどを押しながらサイドボタンのNumキーでも
ちゃんと識別してくれるのでサイン表示を割り当ててる





サインターゲットやPTメンバーターゲットに使いたいのだから
当然サイドボタンを6個確保しなきゃいけないが
G700のサイドトップボタンで使ってた機能は7個、サイドボタンの余りは6個
要するに一個どこかに移すか諦めるかしないとあかんわけで・・・

試行錯誤の末
[Ctrl+Alt]を第三メインボタン
(Gシフト)に移す事にした



「お前、Gシフトどうしたんだよ!」

はい、これ、ちょっと理由あります

たぶん買った人にしかわからない理由なんだけど
デフォルト設定のGシフト、これがいったいどういう扱いのボタンなのかはわからないが
AIONをやる上でちょっと困る仕様になってたんだよね


左右クリックをドラッグしながらマウスを動かすと視点を変更できる
AIONプレイヤーにはおなじみの操作だが
この操作中にGシフトを押してしまうとドラッグが外れてしまう
意図しないときに視点変更が中断されてしまうので
ストレスが溜まるつーかものすごい困るわけで

Gシフトから違う機能に設定を変えてみたら
その症状がなくなった


「別にGシフトじゃなくてもいいんじゃね?」つーことで[Ctrl+Alt]を設定
これで第三ボタン押しながらサイドボタン押せばCtrl+Alt+サイドボタンのキーって事になって
Gシフトと変わらない操作が出来るんだよね

もっと言うと・・・

変えてしまったほうが多機能に使えるってこと

[Ctrl+Alt]なら第三メインボタン押しながらキーボードっていう使い方も出来ちゃうんですわ
んだから、Ctrl、Alt、Ctrl+Altあたりを設定しちゃうのがお勧め
Shiftは視点変更を制限してしまうので微妙かなー


つーわけで


さよならGシフトwwwww


いや、まぁ使い方はほぼ同じなんだけどね・・・



ちなみにキューブに設定してあるトップのボタンはまったく使ってない
デフォルトが[Shift+B]でそれがWoWのインベントリらしいから
なんとなくキューブに設定してみただけ

このボタンゲーム中に押せるような場所じゃないのでなんでもいい

だらーっとマウスだけで操作してるときに使う機能を割り当ててもいいかもしれない

オートランとか、MAPとか・・・
メモ帳とかでもいいかもしれないな










PC保存、オンボードメモリのどちらでも
モードスイッチボタンで3個の設定を切り替えできるので

g6004.jpg 

ひとつこんなモードも作ってみた

超便利

G700のときはプロファイル切り替えボタンを電池残量にしていたので
プロファイルはずっと固定だった、戻る進むだけ使えりゃいいや的なw
高速ホイールはなくなったけどUP、DOWN、HOME、END使えりゃいいよね~

多ボタンマウスならではの使い道かなー
新しいデバイスって使い方悩んでるときが面白いよね















オンボードメモリの修飾子登録のバグについて

オンボードメモリ時、修飾子のみの登録にバグがある
前回のレビューでもちらっと
「オンボードメモリでは[Ctrl+Alt]が登録できないのでPC保存の方にした」と書いたが

それに関してコメントを貰ったりゲーム内でWISを貰ったり
他ブログなどを読んだりして気がついた事がある

いやね

なんかみんなCtrlやAltの単品が登録できないとか言ってるんですよ
それ聞きながらなんでそんな事が出来ないんだ?って思って聞いてた
その解決法を聞いても「それ違くね?」って思ってた

だって答えを知ってたから

サトリは上でも書いたように
単品の修飾子(AltやCtrlなど)をマウスに登録しないようにしている
修飾子登録は[Ctrl+Alt]のみ

聞いたり見たりした解決策は
「Ctrlを登録したいなら[Ctrl+右Ctrl]を登録すればいい」
でも、これだと満点の回答じゃない

サトリが常用している[Ctrl+Alt]でも”Ctrl単品として登録されてしまう”

正解は


修飾子のみを登録するとき最後の修飾子が無視されてしまう


たぶんこれ
一つならそれが最後なので登録なしの状態になるし
二つならふ二つ目が無視されて一つ目のみの登録になる
三つなら三つ目が無視されて二つ目までの登録になる



要するに

Ctrl単品を登録したいならば[Ctrl+修飾子なんでも]でいい

g60011.jpg 
たとえばサトリが常用しているこれを登録したいなら


g6009.jpg 
こんな感じにすればいいし



g60012.jpg 
こうしたければ


g60013.jpg 
こんな感じにすればいい

全部の動作を確認したわけじゃないので
100点の正解じゃないかもしれないけどたぶんあってる

固定のPCで使うなら必要なさげなオンボメモリだけど
持ち歩く人には切実な話なのかもしれないな



LOGICOOL MMOゲーミングマウス G600LOGICOOL MMOゲーミングマウス G600


ロジクール
売り上げランキング : 1189

Amazonで詳しく見る


コメント

コメントの投稿


スポンサードリンク