スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

LOGICOOL G502 ゲーミングフラッグシップの実力




購入してから一ヶ月くらい使い込んだのでレビュー
伝統のシリーズがデザイン一新、その使い心地やいかに

G502の特徴

製品名(日本語):ロジクール G502 チューナブル ゲーミングマウス
保証期間:3年間
マウス本体サイズ:75mm x 132mm x 40mm
ケーブル長:190cm
マウス重量:168g(ケーブル含む/ウエイト無し)
センサー方式:オプティカル
総ボタン数:11

基本的なスペックを確認

  1. 光学式センサー

    G5がレーザー式になった時はG3オプティカルをオークションで買い求めたりしたものだが、最近は光学センサーの性能も上がってきたようで光学式に先祖返りしているようだ、レーザーセンサーもだいぶ良くなってきたが、やはり光学センサーのキビキビ感とリフトオフディスタンスの短さはゲーミングマウスには嬉しい

    G502には、センサーの精度をマウスパッドやデスクに合わせて最適化する「表面のチューニング」なる設定項目がある(キャリブレーション)

    表面のチューニング2

    指示通りに∞を描くようにマウスをぐりぐり動かす、遅すぎても早すぎてもダメっぽい。ゲージが全部溜まると設定完了。購入してすぐにこの設定をしてずっとそのまま使っているので違いはわからない(笑)、某4Gamerのレビューは「効果絶大」と絶賛だった、しかし、カーソルの追従性もリフトオフディスタンスの短さもここしばらく使ってきたマウスの中ではダントツにイイ。
  2. 重さとケーブル

    特別重くはないけど軽くはない。電池を装備したG700や錘が標準装備のG600に比べれば全然軽い、軽量モデルにくらべれば重いのは間違いないが、前記した重いLogiマウスを使い継いできた筆者には軽いとしか感じない。

    ケーブルは柔らかい布巻き、若干重さは感じるもののケーブルがどこかにあたって引っ張られるような事はない、あたっても素直に曲がってくれる感じ(全く感じないわけではない)。一昔前のLogicoolの布巻きは「針金かよ」って言いたくなるくらい硬かった。
  3. 保証期間

    保証期間は3年間。昔は5年保障のモデルもあった気がするが、今は2年or3年になっている、ざっくり言うと廉価モデルは2年高級機は3年。

    Logicoolのサポートは業界NO.1だ(Microsoftもよかったが最近まともなマウス作ってない)。マウスは消耗品、G502はクリックの耐久性も「2000万回のクリックに耐える」を謳っているが、それだけよくスイッチが故障するという事の裏返し、実際にメインクリックがチャタリングを起こしやすい、サポートに連絡をして修理や交換をしてもらうことになるのだが、どういう流れになるかというと・・・

    1.電話する
    2.代替品が送られてくる
    3.着払いで故障品を送る

    すごくね?先に代替品が送られてくるんだよ?

    保証書や購入証明をFAXやメールで送る作業は必要だが、それだけで代替品を送ってくれる、マウスが手元になくなることがない。他のメーカーだと先に故障品を送らなきゃいけない事が多く、戻ってくるまでの間マウスが使えなくなってしまう。返送用の送り状も一緒に送られてくるので、それを貼り付けてコンビニにもって行って終わり。販売終了モデルなどは返送も不要になることがある。

プログラミング可能な11個のボタン


  1. ・左右クリック②個+ホイールクリック①個+チルト機能②個
    ・ホイール手前にボタン①個
    サイドボタン③個
    左クリックの外側に追加ボタン②個

    一般的な感覚でいう追加ボタンは6個、その内一つはゲームプレイ中に咄嗟には押せないのでゲームプレイ中に使える追加ボタンの数は5個だ、ボタンという感じではないがホイールを左右に倒す”チルト”を含めれば+2個、G502は+7個の使えるボタンがある。

    感覚的にわかりやすいので左右の選択といった操作を割り当てると便利に使える。たとえばターゲットにTABを使うゲームなどで、右チルトにTAB、左チルトにShift+TABとすると左手でやっていた作業を右手に移すことができる。

  2. マウス機能アイコン
    キー設定一覧

    多岐にわたる設定もチェックボックスをクリックするだけ、通常だと面倒な操作もマウスのボタンひとつで可能になる。

    右チルトに「ブラウザの次のタブ(Ctrl+Tab)」、左チルトを「ブラウザの前のタブ(Ctrl+Shift+Tab)」に設定すると、ホイールを右に倒すと右のタブへ、左に倒すと左のタブへと感覚的にわかりやすい操作でブラウジングを快適にできたりもする

    謳い文句に偽りなく本当に11個のボタンすべてがカスタマイズ可能、ちょっとしたアイデアひとつでゲームのみならず普段のPC操作も快適にできてしまう、ゲーミングマウスはゲームをしない人にもオススメできる

  3. キーストローク

    キーストローク、割り当てたいキーを押すだけで簡単に設定が出来る。おそらくほぼ全てのキーを設定出来る、単品だけでなく「Ctrl+◯◯」といった設定も可能。


    マルチキー

    マルチキー、いわゆるマクロのこと。キーを押す順番を指定でき、遅延も設定できる。ボタンひとつで昇竜拳を打てるようになる的なゲーマーには夢のような機能だが、ゲームの利用規約に反する場合があるので注意が必要。


    テキストブロック

    テキストブロック、テキスト入力を設定できる。よく使うけど打つのがめんどくさいhtmlのコードだとか、長いパスワードだとかを仕込んでおけば作業効率をあげられる。本格的に使おうと思うとG502ではボタンが足りなくなるのでG600rが本命の機能


    ショートカット

    ショートカット。使いたいアプリを指定しておけばボタン一発でアプリを起動できる、「ショートカット」という名前だがショートカットだけでなくアプリ本体も指定できる


  4. 自動プロファイル切り替え

    普段使い用とゲーム用の設定を自動で切り替える事もできる、ゲームをやるときは勝手に切り替わってくれるので便利。ゲーム以外のアプリも指定が可能だ。

    上記のPC保存設定とは別に、マウス本体のメモリにプロファイルが記録でき、出先でも設定せずに使う事ができる(PC保存の設定と違い一部機能が制限され自動検出もできないので手動切り替えになる)、ゲームセキュリティにPC保存の設定が弾かれる場合はこちらが使えたりする。




外見チェック!

LOGICOOL G502 チューナブル ゲーミングマウス G502
  1. 『戻る(G4)』『進む(G5)』に加えて、照準のようなマークがあしらわれた『スナイプボタン』がある、天面の追加ボタンに振られたナンバーがG6をとばしてG7からなので、Logicool的にはこのスナイプボタンがG6なのだろう。 (ホイールクリックと左右チルトがG1~G3?)

    親指でホールドする部分は△パターンのゴムコーティング、手触りは硬質であまりゴムゴムしてない感じ、ゴムとは言えサラッとしていて言うほどのグリップ感はない。下部の水色部分はマグネットで固定された蓋になっていて、力を入れるとカパッと底面が開いて底に錘をセットできる。

  2. DPIインジケーターはマウスを持つと親指と人差し指の間に位置して手をどかさなくても視認することが出来る、角度も顔の方に向けられているのでこれは奇をてらったデザインではなく、すべて計算ずくのものだろうと思われる

    ライトの設定

    このインジケーターのライトは消灯設定ができる、「常にオン」のチェックを外すとDPIを変更したときだけ点灯する、光が目に入ってくるのが気になる人はこの設定で。Gマークも輝度と点滅の設定ができる、輝度を最小に設定すると消灯する。ちなみに光の色は青のみだ。

    本体メモリ使用時のプロファイル切替時にはプロファイルインジケーターにもなる、プロファイル切り替えをしたときには青色が少し濃くなる。


  3. LOGICOOL G502 チューナブル ゲーミングマウス G502
  4. 右サイドはいたって地味、左サイド同様に△パターンのゴムコーティング、絶壁状態なので指を乗せておける場所はない。

    ホイールのすぐ手前にある飛び出たボタンはスクロールホイールの切り替えスイッチ、機械的なスイッチなのでPCは操作できない、カチッと押すと「通常モード」⇔「ハイパースクロール」切り替えられる。

    Gマークのある区画は左右クリックと同じ手触りのつや消しプラスチックボディ、見たままくびれがあまりなく握ると大柄な印象、それでもG9xやG600ほどではないがG700よりは幅広、気にはならない。






各ボタンの感触

スイッチの質

  1. スイッチはホイールクリックとチルト以外全てのボタンがマイクロスイッチだ(チキチキと小気味のよい音と感触のやつ)、4Gamerの分解レビューによると、メインクリックと左クリック横のG7G8はオムロン製、サイドボタンはZippy Technology製とのこと。メインクリックは2000万回のクリックに耐えると謳われている。

  2. ロジクール G5 レーザーマウス G-5T

    コストダウンのためかサイドボタンなどはほとんどがタクトスイッチにないっていた時期がある(コクコクっと押した感じがしないやつ)、G3オプティカル⇨G5レーザーのモデルチェンジはサイドボタンはタクトスイッチになるわレーザーセンサーはクソだわで絶望しか感じなかった。

    センサーの項目でも書いたがG5レーザーに絶望してG3オプティカルをオークションで買ってみたり、その後マウス難民と化し、いろんなメーカーのマウスに手を出し痛い目にあってきた。

    あの頃はメインクリックすらタクトなマウスがあったりしたからなぁ・・・、今は昔の黒歴史。そういうことを考えるとこういう変化は喜ばしいかぎりだ。G600やG700のようなボタンを集中配置するようなデザインだと、小さく省スペースなタクトスイッチを使わざるを得ないのだろうけれど・・・、これもそのうちどうにかなるだろう(願望)。



メインクリック


  1. メインクリック

    軽すぎず重すぎず、返りもよくてアクションゲームにも申し分ない。強いてあげるなら、左クリックは若干軽く、右クリックは若干重い。これはまぁ、左クリックは連射しやすく右クリックは重めにして誤爆を防ぐように、おそらくわざとそう設計がされてある。

    このへんは流石老舗といった作り込み、何も言うことがない(笑)。



サイドボタン


  1. サイドボタン1

    『戻る』『進む』『スナイプボタン』の3つがサイドにある。どれも考えられた形状で押しやすいのだが、配置の関係上ホームポジションから持ち方を変えずに3つのボタン全てを押し分けるというのは少し無理がある。

    ネット閲覧などをするつもりで『戻る』『進む』をメインで使うつもりで持っていると、親指を伸ばしても『スナイプボタン』に届かない、逆に『スナイプボタン』と『進む』をメインに使うつもりで持っていると、今度は『戻る』が押しにくいといった具合。

    よくよく形状を見ると『戻る』が小さく作られてある、これは多分がっぷりと奥までマウスを被せて持ったときに誤爆しにくいようにという配慮だろう。『戻る』を親指の根本で押すつもりで持つとポジションを変えずに3つのボタンの押し分けが可能になる、しかしこれは少し慣れを要する感じだ。

    正直なところ、スナイプボタンことG6を『進む』の真下に配置するのがよかったのでは?という気がする、後発のG402を見るとそういった改良が加えられている。


  2. スナイプボタン
    DPIシフト設定

    ポインタ設定

    DPIを複数設定して『デフォルト』と『シフト』をそれぞれ指定する。そうすると『DPIシフト』に設定したボタンを押している間だけ『シフト』に設定したDPIになり、離すと『デフォルト』に戻るようになる。要するにスナイプボタンを押している間だけカーソルの動きを遅くして精度の高い射撃をし、離すと元通りの操作に戻るといったプレイが可能になる。
  3. Gシフトの使い方
    G600に実装されたGシフト機能も設定できる。Gシフトとはそのボタンを押している間だけ他のボタンを別の設定で使えるという機能だ。

    Gシフト

    Gシフトに設定されたボタンがあるとGシフトをおした時用の設定が加わる、ボタンを倍に増やせる(?)夢の様な機能だ

    この位置のGシフトを押さえながら他のボタンを押すのはちょっと厳しい、楽に押せるのは『進む』と天面の奥側追加ボタン『G8』、ホイールクリックと左右チルト、手前の『G7』は人差し指をぐっと折り曲げて無理やり押す感じになる。

    左右クリックは必ずどこかになければいけない制限があるので現実的ではないが、左右クリックを『戻る』やホイール手前の『G9』あたりに退避させれば設定は可能。まぁ、そこまでしてボタンを増やしたいなら素直にボタンの化け物G600を選べよという感じではある。
  4. 『戻る』をシフトに設定するのはどうだろう(提案)

    戻るをシフトに

    『戻る』が誤爆防止のためか小さく作られているので、逆にこういう設定もありかも知れない。

    元々親指の付け根で押さえるように押すボタンなのでシフトとして使うには申し分ない、多用する『戻る』が大きく押しやすくなるのもいい感じ。



左クリック横の追加ボタン


  1. トップボタン1

    最近流行りの左クリック横の追加ボタン『G7』『G8』だが、結論から言うと出来はいまひとつといったところだ。左クリックと面一でデザイン重視な形状になっている、当然ながら操作性に影響する。

    端的に言うと「誤爆しやすい」、山になったり谷になったりしないので隣のボタンを同時に押してしまうし、意図していない時に誤爆してしまうこともある。『G7』『G8』の間は谷があるのでその2つは押し間違えることはないが、いかんせん『左クリック』との境目が曖昧なので左クリックを誤爆してしまう。

    似たようなボタン配置G700では、ボタンひとつひとつの形状にこだわり絶対に押し間違えのない設計をしていた、あのこだわりりはいったいどこに行ったのかと、似ているマウスを探せといわれれば「エレコム EX-Gが似ている」、ちなみに後発のG402を見ると全ての追加ボタンが山になっているので、やはり押しやすさを考慮したということだろう。



デュアルモードホイール


  1. ホイール1

    さて、4Gamerでは「剥き出しのプラスチックで馴染まない」と酷評されたスクロールホイールだが、ひとつ言わせてもらいたい。


  2.   そだ  |------、`⌒ー--、
      れが  |ハ{{ }} )))ヽ、l l ハ
      が   |、{ ハリノノノノノノ)、 l l
      い   |ヽヽー、彡彡ノノノ}  に
      い   |ヾヾヾヾヾヽ彡彡}  や
      !!    /:.:.:.ヾヾヾヾヽ彡彡} l っ
    \__/{ l ii | l|} ハ、ヾ} ミ彡ト
    彡シ ,ェ、、、ヾ{{ヽ} l|l ィェ=リ、シ} |l
    lミ{ ゙イシモ'テ、ミヽ}シィ=ラ'ァ、 }ミ}} l
    ヾミ    ̄~'ィ''': |゙:ー. ̄   lノ/l | |
    ヾヾ   "  : : !、  `  lイノ l| |
     >l゙、    ー、,'ソ     /.|}、 l| |
    :.lヽ ヽ   ー_ ‐-‐ァ'  /::ノl ト、
    :.:.:.:\ヽ     二"  /::// /:.:.l:.:.
    :.:.:.:.:.::ヽ:\     /::://:.:,':.:..:l:.:.
    ;.;.;.;.;;.:.:.:.\`ー-- '" //:.:.:;l:.:.:.:l:.:
    「だが、それがいい!!」

    偉い人にはそれがわからんのです。冗談はさておき、「ゴムコーティングなんてなくても滑らねえよ」って事なんですよ、プラスチック剥き出しとはいうけど、多分これ艶有り塗装で一応滑り止めも考えられた処理がされてある。

    ゴムの感触があまり好きではないし、掃除しても汚れが落ちにくいんですよ。むしろプラスチック剥き出しっていうところに惹かれて購入したくらいだ。むしろこれが理想、超個人的な意見だけど、ゴムの滑り止めいらないってひとはわりといるはず。

  3. 回した感触は「カタカタカタ」と軽く回る感じだ、これはLogicoolのデュアルモードホイールの特徴で、元々ハイパースクロールでシャーッと慣性で回るように作られているからだ、慣性を生むために錘も仕込まれているのでノーマルモードでも思いっきり回すと少し惰性で回る。

    1ノッチ回して止めるという操作も普通にこなせるので、FPSの武器選択に使えないというわけではないが、止まりは悪いので不向きなのかもしれない。筆者的にはドストライクなホイールだ。
  4. ホイールクリックは回転ががっちりと止まっているタイプのホイールではないので、押すときに少し意識しないと回してしまう。チルトは普通に使いやすい感じ。


切り替えスイッチ&ボタン


  1. 天面追加ボタン1

    ホイール側がデュアルモード切り替えスイッチで、手前が『G9』だ、G600やG700では中指の第二関節あたりで押すというような事もできたが、G502でそれをやろうとすると誤爆する、切り替えスイッチを高くしてあるが高低差が足りない。

    そういうことなので、どちらのスイッチも人差し指をぐっと曲げて押すことになる。自然と『G9』に割り当てるのは「DPIサイクル」や本体メモリ使用時の「プロファイル切り替え」くらいになる、デフォルトの設定なのでLogicoolもそういう使い方を想定しているのだろう。





G502は軽量級フラッグシップだ


  1. LOGICOOL G502 チューナブル ゲーミングマウス G502

    重量級フラッグシップは高機能だがワイヤレス化で電池も積んでとことん重くなる、そういう中でアクションゲームに使いやすいところまで軽量化し、機能を制限したモデル。

    ガチなアクションゲーム特化はされていない、FPSプレイヤーには「チルト機能なんて余計」だと思われるかもしれないが、MMOなどにはチルトも有用だったりする、普段使いにもいい。

    だからといってFPSに使えないわけではない、G600やG700でFPSは流石に無理があるが、G502ならハイスコアも狙えるFPSゲーミングなマウスとして使える。

    「いろんなゲームするし普段使いもよくなればいいなぁ」という人向けのマウスだ、「FPSをガチで遊ぶための専用マウスが欲しい!」という人ならおそらくG402の方が良い。「アクションゲーム寄りのMMO」ならドストライク。

    進化の途中といった趣のあるマウスだが、流石に作りこんであるので大きな破綻はない、そこらへんは安心していい。




☞ 関連記事

コメント

コメントの投稿


スポンサードリンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。