スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イズラフェル再生 <AION/NCブログ移植記事>

全サーバーで一番人口差のあるサーバー

 

 

 

 

イズラフェルに押された烙印である

 

運営が実施したRAキャンペーン

優勢側のキャラクター作成制限と劣勢側への特典

実施されたサーバーの中で唯一「最上級 王冠」が配布されるという

 

特別措置

 

 

 

 

何故ここまで人口差がついてしまったのか

結局のところサトリが言ってきた事が正しかった

サトリは天族の劣勢バフ調整を否定し批判し続けてきた

 

 

 

そんな事を続けていれば魔族がいなくなる

 

 

 

 

 

 

Fang

「敵種族を絶滅させるゲームだ」

 

 

と、公式の場で名言しちゃうような人物が天族を仕切っていた

 

 

 

 

 

 

 

 

8ヶ月

 

 

 

劣勢バフをつけることなく上層要塞に篭り続けた

最早異常とも言える行動は全AIONプレイヤーに知られる事だった

統合直後、やはり圧倒的人口差を持って天族は上層を支配した

移住してきたカイジネル魔族の絶望感たるや想像に難くない

 

 

 

「これがずっと続くのか」

 

 

 

 

魔族のいない要塞でも劣勢バフ調整のために天族は落とさない

 

 

衝突による引越しサービス実施までの猶予期間

 

 

イズラフェルが変われる最後のチャンスだったが

天族達は変わらなかった

 

苦渋を舐めてきた現住イズ魔は元より

運営により望まないカップリングをされたカイジ魔は移住に躊躇しなかっただろう

 

 

サトリの予言が的中してしまった

何のために警鐘を鳴らしてきたのだろうと脱力する事この上ない

何ヶ月も前からこの事態を予測し発言してきた

 

一部の良識ある天族以外からの反応は愚かしいものだった

数による優勢を自らの実力だと言い張るために魔族を罵倒し続けた

サトリに噛み付いてきた馬鹿もいた(Fang、双架、グレイ、グングニル)

 

 

 

猶予期間が終わり引越しが完了した

覚悟を決めて残留した魔族たちよりも

天族達の動揺のほうが大きかったように思える

 

 

「魔族が減りすぎてドレドギに入れない」

「デイリーがおわらない」

「暇防衛」

 

 

 

ブログや晒しスレなんかに書くならまだいいが

公式掲示板に愚痴を書き、運営批判し始めるものまでいた

元カイジ天らしかったそいつにコメントしてみたら

 

「カイジ魔はイズ魔みたいに弱くないんだよ!」

 

頭の弱い反応が返ってきた

元カイジ魔も大量移住したからこの結果になってるんだってのにな

 

逆に覚悟を決めての残留した魔族たちは落ち着いていた

ドレドギ待ち時間なし、デイリー5分、要塞戦拘束時間なし

1.9UDのおかげでアビス装備は随分集めやすくなった

対戦相手の不足に苦労してきた対人好き魔族にとっては理想的な環境になったとも思えた

 

 

 

ところがここに来て状況が変わった

 

俄かにサーバーが活気づいた

 

 

アビスで小競り合いが起きるようになった

要塞戦で戦闘が行われるようになった

 

 

全サーバーでも最劣勢の魔族が要塞を攻める

 

 

 

 

天族は防戦一方だった

 

 

 

 

 

誰からも死んだサーバーだと諦められたイズラフェルが活性化し始めた

 

 

イズラフェルに何が起きた

 

 

 

 

 

 

劣勢バフだ

 

 

 

 

 

 

 

元イズ天の偏執的な方針に嫌気が差した元カイジ天が行動を起こしたらしい

神聖要塞を落とし、劣勢バフがつきやすくなったタイミングを狙ったのだろうか

余っていた下層が天族所有になっていく

 

劣勢バフを無視して要塞を攻め落としていく彼らを元イズ天は独占レギだ害レギだと非難

これまで優勢の利益を享受し続けたFang(Vd)天照帝(FEMC)は

魔族に対して偉そうに「纏まれ」だの放言してきたのに一瞬で手を引いた

 

 

 

なにやらイズ天VSカイジ天のお家騒動の様相を呈してきたが

とにもかくにも

 

 

8ヶ月以上も執拗に徹底された劣勢バフ政策が終わった

 

 

 

劣勢バフを厭わず要塞を所持し続けるカイジ天の真意はわからないが

おかげで魔族は活性化、要塞戦時の活気はかつてのイズ魔を彷彿とさせるものがある

上層要塞を所持し、天族は劣勢バフを気にすることなく攻めてくる

 

当たり前のゲーム展開がやっと訪れた

 

 

 

劣勢バフを嫌い、攻めない守らない

まさに予定調和と言うべき長い長い暗黒の時代は終わりを告げた

 

 

 

 

 

 

 

イズ天がやってきた事が大間違いであった事が証明された

やれ天族が纏まったからだ、魔族が腰抜けだったからだ

結局、言い訳にすぎなかった

全サーバーで起きている不均衡がイズラフェルでも起きただけ

 

 

 

 

運営の失策による人口の偏りとゲーム仕様の不備

によって天族は上層を支配できただけであった

 

 

 

 

天族は勝利していない

魔族も敗北しなかった

 

 

 

 

人口差と仕様の欠陥がただそこにあった

誰が何をしようと天族が上層を支配できたし魔族は要塞を失っただろう

ただ人口の多い側にいたか少ない側にいたか、それだけである

 

 

 

しかし、そこからゲーム展開には

ユーザーの意思が大きく影響していた

イズラフェルの未来には幾通りもの選択肢があったはずだ

圧倒的な人口差でゲームを支配したイズ天にはその選択権があった

 

 

イズ天はもっともかな選択をした

 

 

 

 

やっと楽しめるようになったイズラフェル

しかし人口差は歴然として存在する

 

 

運営と開発はただユーザーに箱庭を提供しているだけに過ぎない

どうやって遊ぶかは我らに委ねられているのだ

 

 

 

 

 

 

 

 

元イズ天に今の状況を楽しむ資格なんてないよなぁ

 



☞ 関連記事

コメント

コメントの投稿


スポンサードリンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。