スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

15夏着任三ヶ月クリアの裏側を読む

さて、何から話そうか。

三ヶ月甲 防空棲姫01

15夏、防空棲姫のイベント。

凶悪海域として今も記憶に残るE7甲を着任三ヶ月で突破した者が現れた、そりゃあ話題にもなるってものですよ、ところが知れば知るほど微妙な話になっていった。

当時は記事にする気分でもなかったから放置していたのだけど、一年以上経って振り返ってみたらやっぱり一度は書いておきたい思ったのでブログ記事にすることにした。

長い上に文章もヘッタクソなんで読まなくていい、カエレ。












着任三ヶ月クリアの実態

初心者ではなく元横須賀提督だった

さらっと聞くと「三ヶ月でクリアってすごいね~」で終わるんだけど、件の提督は元横須賀提督のベテランであることが後になってからわかった

初めて三ヶ月の初心者がE7甲を突破したという話ではなかった、折しも「タウイの三ヶ月クリアがあるから初心者は愚痴るな」なんていう事も言われ始めてたので、当然ながら物議を醸した。

それって要するに強くてニューゲーム状態なんだよね(ちょっと違う)。

ある程度ゲームを進めた者が最初からゲームをやり直す、それは一周目にプレイした分の知識や経験を活かして段違いの効率プレイが出来るということである、何も知らずに始める初心者とは比べるべくもない、当たり前に評価はガクッと落ちる。

ギレンの野望だって何度もプレイしているうちにより短いターン数でクリア出来るようになったりするよな、二周目以降ならそれまでの経験を活かして効率追及型のプレイが出来るというわけだ、一周目と二周目以降では雲泥の差がでる。

これがもし、レベルも資源も装備も敢えて抑えたいわゆる「低レベルクリア」であったなら、「工夫しだいではクリアできるんだなぁ」って初心者の参考にもなったかもしれないが、実際はそうではなかった。

三ヶ月甲 第二艦隊

「これよりしょぼい編成と装備で甲突破した人いたよなぁ」
「てゆーかダメコン使用じゃん」

まぁ、こんな感じの感想だった。筆者の突破編成の第二艦隊も練度は似たようなものだったしダメコンも未使用だった、そりゃ「なにがすごいんだ?」ってなる。

情報なしでこの編成見せられてもほとんどの人が縛りプレイだとは気づかないだろう、クリアできそうな普通の艦隊だもの。









すごいのは「三ヶ月」という部分だけ

レトリック仕込みの縛り条件

「火力と運が高い艦を90台後半まで育てて全員カットイン仕様にしてダメコン積んで突っ込めばクリアできるよ」っていう身も蓋もない話なので初心者が参考に出来るかっつーと全く出来ない。


  • ケッコン艦なし
  • 設計図なし
  • 大型艦なし
  • 司令部施設なし

なにやら縛り条件みたいなかんじでこんなことを謳っていたけれど、それって三ヶ月っていう条件下なら自然と外していく要素だよな、最初からやらないと決めて外すことでむしろ効率が上がる。

経験値効率を考えたら99カンストまで育てずに他の艦育てたほうが効率的だし、設計図のために総じて難度が高く消耗の激しいEOを周るのはサパっと諦めたほうが得、大型建造なんて一回分の資源でどれほどレベリング出来るかを考えたら真っ先に外す候補にあがるだろう。

そもそもEOを頑張っても三ヶ月では1~2隻で大きな影響を与えることはないし、わざわざ言うことでもない。初見プレイヤーはもっと準備期間が短かったりするから普通に持ってない事もありえる、縛りになってるか?要するに普通の事なんだよ。

大型建造も同じような理由が当て嵌まる、運良く当たりを引き当てたところでそれをイベントで運用できるレベルまで引き上げられるかと言えば初イベントではなかなか難しいだろう。

司令部施設なしもダメコン使うつもりなら意味のない縛りだ、てゆーかダメコン使うくせに司令部施設を使わない事を誇る気持ちがわからない。初イベントだとみんな大淀持ってないしな(鬼畜仕様と評された掘りは一応あるが)。

特殊艦なんかなくてもクリアできる事を証明したかったらしいのだけど、何故か明石改修はしてるっていうのもおかしなところ、ネジ課金もしたらしい、明石が取れないって嘆いてる人はたくさんいるはずなんだけどな。

切ることが逆にメリットになるところは「あれも使わないこれも使わない」って誇らしげに宣伝するくせに、明石みたいなデメリットがでかいところは切らない。

彼が宣言した「縛り」の内容はどれもこれも見せかけだけ、さも厳しい制限を課しているかのように見せかけているだけでその実態は楽になってしまう似非縛りだ。

だいたい「三ヶ月」っていうのもイベント間隔のMAXだからな、短いようにみえて実は最大値、二ヶ月未満の準備期間で初イベントに突入する提督のほうが実際は多いだろう。

本来「縛りプレイ」というのは、通常よりも難しい事をやるからすごいと賞賛されるのだから、通常よりも楽になってしまったらそれはもはや縛りとは言えないはずだ。



一番難しいゲームをしているのはご新規さんだ

普通の初見プレイヤーはケッコン目指しつつEO海域にも挑戦しつつ大型建造も回す、なんでかっていうとイベント後も続けて遊ぶからだ、勲章を一個でも多く獲得しておくことはその後のゲーム進行にプラスになる、大型建造だってそう次のイベントにレベリングが間に合わずともその次には戦力化が期待できる。

そのうえでイベント海域に挑戦してるんですよ、むしろそっちのほうが厳しいはずだろう。開始時からイベント見越して強い艦だけに的を絞って育成するなんてこともしないしね。二周目ならではの有利な条件での効率プレイで初見プレイより良い結果が出せるのは当たり前だ。

後発参加は追いつくために余計にいろいろやらなきゃいけない、ハンデを背負ってるようなものだ。「ここらへんをカットしたら実は楽になるよ」ってのが理解できない人は、全艦コンプしちゃって大型建造もしなくていい勲章も余ってるみたいな環境に慣れすぎちゃってリアルに想像することが出来なくなってるんじゃないかね、毎月資源がゼロになるまで大型建造をすること考えてみたらいい。

一番難しいゲームをしているのはいつだってご新規さんだ、サービス開始時からプレイを続けてきたような古参にはまったく理解の及ばないところなんだろうけれど、後発参加だと物理的にどうやったって覆せない理不尽ポイントが発生する。



風雷のシレン縛りという新ジャンル?

アカウント削除してまで最初からやり直して三ヶ月という準備期間でイベント海域を突破するっていうプレイは、それはそれでスゴイ事なので風来のシレンプレイ的な縛りプレイだと言えるだろう、育成の効率化という新ジャンルとでも言ったほうがいいか。

しかし、実際のクリア編成に着目すると、普通にクリアできそうな普通の編成だねって感じにしかならない、しかもダメコン使用だしな。

ケッコン艦なしダメコンなし縛りでクリアしてる人なんてそれこそゴマンといる、中にはさらに改修なし縛りをして甲8を達成している人もいるくらいだ。

編成面ではほぼほぼ縛りのない普通の艦隊で特に目新しさがあるわけでもないから、初心者の新しい指針になるような事も当然ない、だってみんなそれよりも厳しい艦隊で挑戦して突破できたりできなかったりしてるんだもの。

初心者を相手にどうこう言うから矛盾するし反感も買うわけで、素性を隠したりせず最初っから「熟練提督が培った知識を最大限に活用して風雷のシレン縛りをするゾ!」とでも銘打って、自分のやりたい事を淡々と続けていればよかったんじゃなかろうか。

「間口を広げる」なんて言ってたけれど風来のシレンプレイなんてやりたくない、課金が全部無駄になるからな。





複垢疑惑に憤慨するのも実はおかしい

この三ヶ月クリアがTogetterで話題になったのは実はこれが主題だったんだよね、「複垢疑惑をかけるなんてひどい」って言いながら呟いた人たちを晒し上げるっていうどっちがひどいのかわからんクソまとめだった。

当時は筆者も「複垢疑惑をかけたことについては彼らを一切擁護しない」と発言してたりもしたのだけど、引用RTされて通知がきたとか、しょーもない理由でなんだか憤慨して見せてるのがどうにも鼻についた。

そもそも自分が撒いた種でしょ?

正体隠して「三ヶ月クリアを目指す!」とかやってれば「どうせ誰かのサブ垢でしょ?」くらいには思われるし、後出しで「実は元横須賀の古株」とか言いだしたらそりゃ疑惑どころか自分から複垢であることを宣言したようなものだろう、。

元々使ってたTwitterアカウントまで削除すなんていうわけのわからん事までした上で、自分が誰であるかも名乗らずに新アカウントで活動しはじめてる、そんなもん身内以外にはわかるわけがない。

元横須賀提督として「三ヶ月でクリアしてみせる」と大見得切ってしまったらもし失敗したときは大恥をかく、失敗したらそのままアカウントを削除するつもりで正体を隠していたのではないか、という邪推も出来てしまう。事実どうだったのかは本人のみぞ知るだが、結局のところ誤解を招くような事をしてたいのは確かだろう。

疑惑をかけられてから後出しで否定したところでデマの被害者気取り憤慨してみせられるような立場ではないだろう、自分で撒いた種なんだから。












脱線気味な上にぶっ放しのまとめ

みんな言われずとも実践している

新参はあれがないこれがないって愚痴るものだけれど、「なくてもクリアできますよ~」なんて言ったところでなんの意味もない、プラスアルファになることは事実なんだから。ましてや実際にやってみせたところで同じく意味がない、言われるまでもなく実践してるのだから。

イベントクリアにあと一歩足りなかったという状況があったとして、「◯◯があったらあと一歩進めたかもしれない・・・」、それがあったら本当にクリアできるような状況だって実際あり得るわけだ。

筆者も秋月がいない状態で実質1年待たされたくちだ、「秋月がいない」と一言でいうとわかりづらいかもしれないが、秋月型固有の対空カットインが使えないというだけでなく、長10cm砲がネジを消費しての改修更新でしか入手できないうえに入手しても改修できないってことだ、先行者よりもコストかけて作らされた挙句未改修のまま弱いカットインで我慢するしかない。

15夏で照月を手に入れて秋月型対空カットインの恩恵を受けられるようになって改修もできるようになったが、この間どんなに努力しようが埋められない壁があった。しかも照月が手に入ったからと言って穴が埋まったわけじゃない、先行者は秋月型を2隻使いまわせるようになってる、ゲーム開始からちょうど1年経った15秋に秋月がドロップするまで物理的に越えられない壁があった。

ゲームを始めてからの取り逃しはまだしも、ゲームを始める前のイベント報酬に本人に責任があるわけもない。やり込みが足りないわけでもなく実力が足りないわけでもないのにただひたすら待たされ物理的に越えられないビハインドを負う、下手すりゃペナルティまで負う。

大型建造や設計図改装もイベント報酬艦ほどではないが性質的には同じだろう、大型建造は大量に必要な資材がボトルネックになる、改装設計図が必要な艦娘は17隻/18種、単純計算で1年という期間がかかる。

廃プレイを繰り返し最短で走り抜けても追いつくのは1年後、がっつり遊べない人はもっとかかる。本来ゲームとは進めば進むほど難易度が高くなるものなのだけれど、艦これは逆に初心者が一番むずかしいゲームを強いられるゲームだ。この矛盾がいわゆる「初心者の愚痴」の根源だろう。

繰り返す、「なくても出来るよ」なんてまったくの無駄である、だってみんなそれを実践して越えてゆくのだから。








あとがき

まぁぶっちゃけるとさ、言われずとも実践してるのに、三ヶ月MAXで使い切った準備万端の廃プレイで得意がられても不愉快なだけよね、しかもなんだかやたらと崇高っぽい大義名分を掲げて上から目線とくりゃ鼻について当たり前。

必死に持ち上げて評価してたのは古参連中で当の新参はまったく評価してなかった、少なくとも筆者の観測範囲内においては「三ヶ月すごいね」はあっても「参考になった!自分も真似しよう!」なんて言ってるやつは一人もいなかった。

そりゃあんた、厳しくても現状の艦隊で練度上げるしか打開策がないことくらい百も承知なわけよ、お前に言われなくとも特殊艦がいなけりゃいないまま頑張るしかないっつーの、みんな知ってます。


なんで一年以上経って今更こんな記事書いてるのって話になるけど、当時はE7甲突破してたとは言えまだ初心者側だったからだ。秋月プリンツ大鳳ビスマルクあたりがいなかったしケッコン艦は複数いたけれど80台が攻略編成に普通に混じってくる感じ、そのまま言っても説得力がなかろうと思ったわけだ。

それから一年以上経ってゲーム開始から二年経過、そこそこベテランの領域に達したのだが・・・

ぬるま湯ですわ。

鼻くそほじりながら5-4周回してるだけで戦果報酬もらえるし資源も溜まってく、これって戦果報酬いらなきゃほとんど遠征だけ回しててればオール30万のバケツ3000でイベント開始できるよね、イージーモードですわ。

あいつらこんなぬるま湯に浸りながらハードモードな初心者様相手に上から目線でクソの役にもたたん講釈を垂れてみたり煽ってみたりしてたんか?、それって性格悪いだけやん。この「性格悪い」ってのは当時コメント欄で言われた言葉そのまんまだ、立場の弱い相手を痛めつけて悦に入るサディストとかそんな感じだろ。

自分が古参の部類になってみて改めて「バッカジャネーノ」って思った次第であります。

まぁ、もうひとつこれを書く理由があってむしろそっちがメインだったのだけど、ざっくり書くだけのつもりががっつり書いちゃったので記事を分けることにした、そっちに関しては次回以降の記事で書くつもり。




☞ 関連記事

コメント

コメントの投稿


スポンサードリンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。