松下響に誹謗中傷目的のまとめをつくられた件について 【艦これクラスタの闇 hibiki2s】

松下響(hibiki2s)とは艦これイベント15夏3ヶ月クリア騒動のときTogetterまとめで議論したのだが、彼は「一方的にこき下ろされるのは嫌だ」と主張し新たに自前のまとめを作った、ところがそのまとめは悪意の編集がされており筆者が一方的にこき下ろされる内容だった。

筆者が誰からも総スカンをくらっているかのような印象操作が行われていた、筆者が言ってもいないような事にまで反論してみせる有様で、ただの誹謗中傷と言っても差し支えない代物だった、有り体に言えばクソまとめである。

何故一年以上経って今更記事にするのかと思われるかもしれない、そのへんの理由も含めて書いていこうと思う。










松下響は悪質極まりないまとめ主である

「一方的にこき下ろす」と簡単に書いたが単に批判するという話ではない、ファーストインプレッションは「俺、こんな事言ってない」である。

悪質なデマを含む誹謗中傷目的のまとめだった。

まずはデマの否定とそのやり口の検証から始めなければならない。



実際は高く評価されていたサトリの主張

元まとめのサトリの発言

松下響06

真っですね。

この件で最初に書いたコメントだ。

糾弾会のようなまとめに乗り込んで被害者とされる側を否定的に書いた、批判も覚悟のうえだった。それでも支持する人はそれなりの数いたようで”いいね”が積み上がり赤くなった。

”いいね”がたくさんついて赤くなった事をとって筆者の言い分が正しかったとは主張しないが、少なくとも松下響が主張するような総スカン状態ではないということは証明ができるだろう。もちろん全部が全部赤くなってるわけではなく中にはまったく”いいね”がついていないコメントもある事は正直に告白しておく。

筆者の主張を支持する者がそれなりの数いる場所で議論をしたくなかったのだろう、彼は筆者のコメントにつく”いいね”の数をとても気にしているようだった、だから彼は自分に都合のいいまとめを作ってそこで自分が優勢であるように見せかけたかったのではないかと思っている。

赤いコメントも別まとめに移してしまえば赤くなくなるしね。






松下響のまとめは悪意の編集が施されていた

彼が作ったまとめがどんなものだったか。

そもそもTogetterのコメントはツイートではないから直接まとめることができないのだが、Togetterには「このまとめにこんなコメントしたよ」的な通知をTwitterで報告する機能があり、発言者がそれを利用していた場合に限り代用として掲載することができる、松下響のまとめも筆者のコメント通知ツイートを掲載していた。

ところがコメント通知ツイートはまとめタイトルとURLが挿入される関係上コメント内容のほとんどが省略されてしまう、通常なら注釈で補足をしたりするのだが、松下響はまったくそんな事をしなかった。

彼が作ったまとめの初っ端4つのツイートは上に掲載したコメントの通知ツイートを掲載したものなのだが・・・



コメント通知ツイートが省略される事を悪用

松下響08

https://twitter.com/satori_Lv35/status/639204829621972992
※現在鍵アカのためフォロワー以外は見えません

ご覧の有様である。(上の画像でいうと最初のコメント)

見比べていただければわかると思うが元のコメントの3分の1しか表示されていない、これでは来訪者は筆者が何を言っているのかわかるわけもない、しかも省略された部分から先は

縛りプレイ甲作戦突破は…
偉業であると誤解のないように書いておく

と、こう続くのだ、誤解のないように書いておいたのにこれでは誤解がマッハである。

本来ならばこんな半端な載せ方をしたのならまとめ主はアンフェアにならぬよう補足するべきなのだが、松下響はそんな事をせずに他の通常ツイートまで混ぜて掲載した挙句、『仰天ものの酷い言いがかり』『普通に考えれば縛りプレイの一種としては成立しています』などと書き立て誤解を助長させる始末、もはやデマの域に達している。




まとめタイトルが既にデマになっている

艦これ経験者がアカウントリセットから開始3ヶ月で甲クリアするのは縛りプレイではないのか(※松下響がたてたまとめのタイトル)

縛りプレイだと言ってるよね!?
偉業だと称えてさえいるよね!?


真逆と言っていいタイトルになっている、ニュアンスが違うとかそんなレベルでなく完全に別物、筆者の発言は影も形もなくまるで関係のない話になってしまっている。

事情を知らない読者は真逆のタイトルと不十分な筆者の発言と松下響が好き放題書いた注釈を見て「3ヶ月でクリアしたこと縛りプレイとして認めない奴がいるのか!」と憤慨し筆者にヘイトを向けるという仕組みだ、デマを流し良心的な観客を騙して非難させる、炎上を画策した捏造まとめだと言って良いだろう。

15夏着任三ヶ月クリアの裏側を読む』を今更記事にしたのも一度ちゃんとした記事にしておかないと不味いと思ったからである。当時何度も「自分はそんな主張をしていない」と彼にクレームをつけたが、間違いを認めることは一切なかったし、それどころか筆者の主張の一部分を切り抜きしそれを証拠だとしながら新たにデマを吹聴され続けたという経緯があるだけに、自分の主張をひとつの記事にまとめておく必要があった。

攻撃対象の発言を切り貼りのパッチワークで別物に作り変え、観客を騙して囲んでぶん殴る、それが松下響という人物のやり口だ。














9ヶ月後、松下響が勝利宣言していた

何故今更になってこのような記事を書く事にしたのかという話。

別件でググってたときたまたま件のTogetterまとめが検索結果に表示されたのでなんとなく訪れたんだけど、話が終わってから9ヶ月も経った後に松下響が「サトリが出鱈目な勝利宣言をしてる」などと書き込みをしているのを発見してうんざりした

なんで当時ブログ記事を書かなかったのかというと、筆者は元のまとめでコメントを続けていたが普通に”いいね”がついてたし、炎上を画策されたというのにリプひとつ飛んでこない、筆者は炎上を何度か経験しているがあのときはぶっちゃけ平常運転だったからだ。

特に被害らしい被害もないうえに松下響が作ったまとめもサトリバッシングで盛り上がってるような事もない、そりゃあわざわざ何かしなくてもいいってなるでしょ。

ところが9ヶ月も経ってから再起動してまた書き込みしてデマを撒き散らしてる、Twitterの方でもおかしな事言ってるのも発見た、「そういやブログ記事にしてなかったな」と思い出したわけだ。






これが出鱈目な勝利宣言なのか!?

2015年9月8日のコメント

松下響01

「ありがとう」で終わる文章が出鱈目な勝利宣言に見えるの!?眼科に言ったほうがええんとちゃうか


赤線を引いた投稿日時の部分を見比べれば松下響の投稿の直後にサトリが投稿している事がわかる。どう見ても松下響に返答してる内容だよな、どうやったらこれが「出鱈目な勝利宣言」なんてことになるのかと・・・、画像の中の当時の筆者も言ってるけど、もう脳内で創り上げた虚像と戦ってる感じ

反論を放棄しているのだーって喚いているけど、すぐ上には筆者の意見ががっつり書かれてある、それに一切反応していない時点でどっちが反論を放棄しているか一目瞭然だ、自分の嘘がすぐにバレる場所で真逆の事を言ってのけるって相当ヤバイだろ。

「出鱈目な勝利宣言」にしてもこうやってちょっとスクロールして上のコメントを見るだけで、松下響の書き込みに反応してサトリが反論返答してる事がわかるから「松下響っていう人がすぐバレる嘘を吐いているんだな」ってバレる。

しかも9ヶ月も経って誰も見なくなったのを見計らって書き込みして勝ったように見せかけようとしてる。

どっちが出鱈目な勝利宣言なんですかね?









9ヶ月後の勝利宣言

2016年6月28日のコメント

松下響02

なんでこの人サトリが時間経ってから勝利宣言したかのような話にしてるんですかねぇ・・・。上で紹介したコメントを見てからこれを見るとその白々しさがわかるだろう、むしろ松下響自身が”出鱈目な勝利宣言”をしてるってね。

「発言を消して安心したから~」っていうのが謎すぎ、それいったいどこから出てきた話?って感じ、だって俺元のまとめでは発言を継続してたからな。

「自分は反論済みでサトリの再反論待ち」なんて事を言ってるけど実際はそんなこともない、正直なところこいつの判定基準が狂ってるだけとしか言いようがない、ありがとうって返答してるのに「出鱈目な勝利宣言」に変換してしまうような奴だからな、察するしかない。ここでは新たな引用をしてまで語らないがぶっちゃけ議論なんて言えるものじゃなかったからな・・・。

コメント消したのも単に気持ちの悪い中傷まとめを潰したかっただけ。そんな感じだから筆者が松下響に論破されて困って消したみたいな事実はない、てゆーかそんなんだったら別のまとめで書き込みなんかしないだろうし元のまとめのコメントも消して逃げそうなものだよな。

だいたい反論できなくなって逃げたって松下響の方だよな、その場で議論が行われてるのにバッシングまとめを作って誹謗中傷に走ったんだから、どう贔屓目に見たって松下響の逃亡敗北でしょうよ。







一見優勢にみせかける安い手口

そこだけ読んでる人には一見優勢にみせかける」というやっすい手口


それ、お前がやった事やろwww

捏造してまで都合よく自分が優勢に見えるようなまとめ作っちゃった奴が何言ってるの?、中身のない勝利宣言をしてるのもこいつだしな。


てゆーか、サトリが優勢に見えるって自爆しちゃってるじゃん、だからまとめ作ったり勝利宣言したりしてるんですねぇ、言えば言うほどボロが出るからすごい。

「自分が負けてる;;」
「優勢に見えるバッシングまとめ作ろう!」
「まだ負けてる;;」
「優勢にみえるように勝利宣言しよう!」

まじでこんな感じなんじゃねえの?

この発言って多分彼の本質なんだろうなと思う、松下響との議論は反論の代わりに勝利宣言が返ってくる感じだからな、たぶん論理的に反論して議論で勝とうなんて考えてない、勝っているように見せかければそれでいいと思っていそう。

こんだけ字数かけて何一つ具体的な事も言えずただの自分が勝っているという主張だけを書き連ねてる事からも彼の性質は窺えるだろう。













あとがき:一応の区切り

記事を書くにあたって改めて当時のまとめを読み直したりしていたのだけど、「あれ?こいつこんなに酷かったっけwww」ってなりました、ネタはまだまだあるけど長くなりすぎてもアレなので一応の区切りということで。




松下響の人物評

なんだかの問題を追及したとかなんとかでなにやら一部では有名人で一目置かれている人物らしいのだけど、こんな人物がどうやって一目置かれるまでに活躍できるのだろうか、似たようなことやってただけじゃないの?って思ってる。

だってね、やたらと観客や取り巻きを巻き込もうとしてたし、作為的に炎上を起こして集団で囲んで非難する構図にしようとしてた、それって持論の正当性に自信がないからだよな。バッシングまとめ作って誘い込もうとしてたのも平場でやり合っても勝てないって自覚があったからだよね。

デマ部分は筆者を陥れようとしてデマを流したというより、素で間違った解釈をして結果的にデマになってしまったような印象。指摘したら誤りを認めるなんてことをするわけでもなかったからどちらにしてもデマスピーカーという評価は変わらない、被害者にしてみれば天然物か養殖物の違いでしかないからな。

会話はしてみたけど議論と呼べるようなものではなかった、いや会話としてすら成立してなかった。こっちが何か言うといちいち歪んだ解釈を再掲載してそれについて言及するっていうわけのわからん喋り方だった、「この人俺と喋っているようでいて、実は脳内で創り上げた藁人形相手に独り言言ってる」って感じてた、「会話にならないから切り上げた」というのはそういう事だ。

そんな奴が問題を追及するなんて無理じゃねえの、炎上相手に石投げるっていう行為そのものがウケてたとか、たまたま世界線が合ってハマってただけじゃないの。知らんけどね。




みんなは関わっちゃだめよ

関わってしまった被害者として読者に言えることがあるとするならば、とりあえず予防的に松下響をTogetter上でブロックしておけって事かな、それだけでまとめられてしまうリスクがぐっと下がる、別アカでまとめる可能性は捨てきれないが、承認欲求の権化みたいな人格だから別アカ使ったりしなさそう。

Togetterのブロック機能はまとめようとしたその瞬間まで気づかれないからオススメ、Twitterだとブロックしたことがきっかけで攻撃対象にされるなんてこともあるからミュートにしたりと工夫が必要になってくるが、そういうリスクがないから気軽にブロックしちゃってOK。

もし不幸にもツイートをまとめられてしまったら、Togetterには掲載ツイートの削除機能もあるので速やかに削除を実行し、あとは放置するのが望ましい、関わらないことが重要です。

まちがっても筆者のように関わってしまってはいけない。




☞ 関連記事

コメント

コメントの投稿


スポンサードリンク